2018年6月20日水曜日

コロンビア戦に勝利しました!

昨日は、テレビに釘付けになった方も、沢山いらっしゃったことだろうと思えます。

その祈る気持ちが、勝利に導いてくれたのかもしれません。

試合開始前までは、声では勝てるようなことを耳にしていましたが、心の中では、どうだったのでしょうか。

しかし、地震が起こった翌々日だった事もあって、心から喜ぶことができなかったのも事実ではないでしょうか。

悔やまれる気持ちも、十分、感じられますが、やはり明日に向かって進むしかないようにも思えますので、少しずつでも結構ですので、気持ちの整理をされていただければと思います。

人生、良くも悪くも巡り合ってきます。

それが人生だと言えるのかもしれません・・・。

しかし、捉え方に拠っては、人生への変調となるかもしれません!?

人生とは変化の連続だと思えますし、その人生を良ききっかけにしてくれたのが、私が参加している倫理法人会だったと思っています。

もし、人生の壁に遭遇してしまった時には、ぜひ、一度、ご参加されてみてはいかがでしょうか。

香川県倫理法人会

2018年6月12日火曜日

将来的未来展望は非常に困難・・・。

合格するのも難しく思われる国家試験も、近い将来、人工知能革命によりAI化されてしまうのかもしれません?

私が若かった頃、アーケードのある商店街でも人通りが多く、特に土・日・祝日にもなると歩行するのも難しく感じられる時代だったのですが、現在では、非常に懐かしく感じられるようになってしまいました。

繁華街だったアーケードも人通りが少なくなってきてしまっており、特に瓦町周辺では、驚くほどに寂しさを感じてしまっております。

それ同様、近い将来、人工知能革命に因って、10年以内に我々人類の仕事も、半数程度、減少される恐れがあるそうです。

それに「士(さむらい)職」と呼ばれている職業に関しても、人工知能に置き換われててしまうとも言われているそうです。

所謂、高学歴の社会では、人工知能により、近い将来、淘汰されると予想されているそうです。

また、その逆で「人間は考える葦である」とも言われている、創造力については、人間として、唯一備わっている能力でもある為、能力の優れているAIが、いずれ自身の自惚れが仇になるとも予想されている為、最終的な決断は、その時にならないと正解はでないのかもしれません。

日々の業務はAIに任せられたとしても、その業務にオリジナルへの変化をされるのは、やはり人間のみだと考えられますので、日々の変化を求める創造性、逆に考えると、自分自身を楽にするための努力とも言うべきなのでしょうか!?

常にプラス発想を糧として、オリジナリティーを目指ざす努力ある人間になりたいものだと思います。

2018年5月29日火曜日

脳に影響なのはスマホが原因か?

近年、子どもたちの偏差値が下がっているそうです。

その原因とされているがスマホではないかと推測されているようで、スマホが発展し、まさしくコンピューター相応にもなっており、それ同様、授業にもモニターを見ながら問題を解くことも起こってきているそうです。

それらの端末を人口相当数、利用されてからだと思えるのですが、それに伴い偏差値も変化されているようにも考えられます?

また、そのスマホが幼少期から利用もされるようになってからだと思えるのですが、異変も目立ってきているのかもしれません??

ネットニュースを読んでみますと、更に、恐怖を覚えてしまっております。

便利になりすぎて交通機関を、さらなる利用されすぎると、結果的に、足腰が衰退されてしまう!?

それと同じ過程になってしまっているようにも思えます。

動物は、漢字と同様、動く物なのではないでしょうか・・・。

体も脳も、動かせば動かす程、成長されるのかもしれません!?

できれば、時間を割いてでも体を鍛えるようにされてみては如何でしょうか。

2018年5月18日金曜日

ミスは命に関わります!

入院・デイサービスなども含めて、僅かな合間の入浴も、非常に気持ちの良い時間になるかと思えます。

そんな楽しみにの一つで、事故に遭遇してしまった模様です。

交通事故にしても、今回の入浴事故に対しても、僅かな注意義務に対応するだけで、事故を未然に防ぐとも可能だと思えます。

もちろん100%のミスを防ぐことは不可能だとも思えますが、しかし、そのミスをできる限り未然に防ぐことは可能かと思えます。

現実的に例えて言えば、スマホのアプリを起動させた状態で移動などを起こせば、何れ、何らかの事故などを起こす可能性も高まってくるかと思えます。

それに、自分自身、絶対に事故などを起こさないとないと考えられていると、意外に事故を起こすことも多いように思えます?

最終的には、どの様な場合に至っても、ミスを未然に防ぐ為にも、面倒だと思えても「復唱・確認・行動」などの目視行動を習慣づけることで、事故を防ぐための適切な対応になるかと思えます。

事故は、相手に対しても自分に対しても、不幸の始まりになりますから・・・。

2018年5月15日火曜日

特に外国の薬品にはご注意を!

もしも、病気になってしまったら!?

薬を使用するのも必要かと思えますが、しかし、薬品の利用に関しは、万全な得策も必要かと思えます。

薬品というものは、ある病に関しては、効果を発揮いたしますが、それ以外の薬品については、毒薬になってしまう場合も考えられます。

その様な事例についてお考えになられてたことはありますでしょうか??

意外かもしれませんが、良薬なりとお考えになられている方も、大勢、いらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、実は、ある効能に対しては、良薬だとしても、それ以外に対しては、無害どころか、薬害の被害に遭ってしまうことも考えられますので、ご注意された方が良いかもしれません。

今回、ブログにて、この様なことを書き込んだのかと申しますと、薬品をある国から入手された日本人の方が、使用後、大量出血をし病院に搬送された事件が起こってしまいました。

運よく命は助かったようなのですが、もし、搬送が遅れてしまったら!?

その様なことを考えてしまうと、あまりにも恐怖も感じられてしまうので、薬品を使用する際には、十分に、お気を付けいただければと思います。

2018年4月19日木曜日

栗林公園にてコイヘルペスウイルス感染か。

やはり花見で訪れることも多いかと思えます。

国の特別名勝でもある栗林公園では、桜および、立派な松林と共に由緒正しい建造物の見学にも訪れる公園でもあります。

また、その施設内の各所には池の配置もされており、四季を通して観光名所にもなっているように思えます。

今回、池を優雅に泳ぎ回っている鯉が、コイヘルペスに感染されてしまった模様です。

その数おおよそ750匹が殺処分されてしまう様です。

非常に残念ではありますが、致し方ないのかもしれません・・・。

また、コイヘルペスに感染された鯉から、人体への影響はないそうなので、ある意味、安心かとも思えますが、やはり殺処分されることを考えると、なんとも言えない気分になっております。

栗林公園内の池には、子どもたちが鯉の餌として麸を与えてる状況も目にされた記憶もありますが、この人気も、しばらくはお休みになってしまうように思え残念でもありますが、それ以外にも素晴らしい景観が目のあたりにできるかと思えますので、その景観に心癒していただければと思います。

2018年4月6日金曜日

神聖に重んじられるだけに。

人命には代えられないとも思えますが、しかし、女性が土俵に上った時の放送にもあったように、神聖な仕来りに拠りますと、女人禁制でもあったと言われています。

しかし、人命を軽んじていると批判も多々あったようで、相撲業界トップに因るお詫びを述べる事態にも及んでしまったようです。

また、そのトップから土俵に上った女性に対して感謝状を贈られたそうなのですが、人命を助けるのは当たり前のことだとして、辞退された模様です。

そんな記事があったと聞いて、あまりの素晴らしさに驚きを感じ得ませんでした!!、

それ以外としても、川に車が落ち込んでしまった二人に、高校生が救助し、助かったニュースもあり、素晴らしくも感じましたが、万が一のことを考えると、やはり救助をする時においても、二重の被害に遭わないようにしていただきたいものだと思えます。

ところで、先程、救助された女性についてのお話なのですが、土俵に倒れた方は病院の院長、もしくは関係者だったらしくて、また、救助に向かった女性は、その病院の看護師さんだったそうな?

いずれにしても、この様な事態になることは予想だにもされていないと思えますので、今回を糧に、新しい指導要項を行なった方が良い様にも思えます。

そして、何よりも、市長さんを助けることができたことが、一番の喜びだったように思えます。