2018年12月5日水曜日

新元号は来年の4月以降か?

昭和、平成と移り行き・・・。

来年には、新たな元号を迎えなければなりません。

また、どの様な称号になるのかについても、非常に興味が沸くことでもあります。

一方の政治家は、皇太子さまの即位後に行うべきという主張もありようです。

平成の時代であれば、コンピューターなどを利用した所謂、IT化への出現も少なかったと思えますので、システムの変更についても一部の大手企業に因るものだったようにも思えます。

しかし、現在では、パーソナルコンピューターとも言われる、ほぼ国民および世界各国で利用されている時代にもなってしまいましたので、元号を更新するにも、非常に、大変な作業にもなる可能性も考えられます?

現実のシステムと共に、進化に併せたスピーディーな対応についても、必要不可欠な世に突入されていることにも目を向けなければならいのかもしれません。

その様に思えば、1999年から2000年に移り変わる時にも、ある意味、システムエラーが起こるのではないかという不安が、世に広がっていたような記憶もありましたので、万全な対策をされるよう期待せざるを得ません・・・。

事務処理もコンピューターを使ったグローバルな世の中にもなっていますので、パソコン関係に対しては、西暦で利用された方が望ましいのかもしれません!?

あくまでも利便性を考えてのことですので、私としましては、やはり和暦としていつまでも身近でありたいと思い続けております。

2018年11月13日火曜日

社員は宝だと思えます。

グローバルに活躍している遊園地で、まさかの出来事だと思えてなりません・・・。

日の当たるところでは笑顔で応対し、日陰ではセクハラにもあたる行為をされているとは夢にも考えてはおりませんでした。

いくら契約社員だとは言え、長年勤めていた会社の上司から30歳以上のババァはいらないとは・・・!?

記事の内容が本当なのであれば、あまりにも酷い仕打ちだと思わざるを得ません。

何年も前のことですが、社員と共に楽しめた遊園地でもあり、スタッフのサービスも充実されていたのですが、まさか、このような事態が起こっているとは考えたくもありません。

しかし、この様に言い放った思える上司も、板挟みに遭っているのかもしれませんし、もしくは上司の性格によるものかもしれませんので、なんとも素性の確認を行うことはできませんが・・・。

また、時給にしても、私自身、考えている以上に安いとソース内には書かれているようです??

個人、もしくは国民性の問題なのかもしれませんが、他国についてはスタッフと共に楽しめる施設であって欲しいと望んでおります。

2018年11月7日水曜日

守るものさえあれば「死のセルフィー」は起こらない?

家族のため、自身の犠牲も考えず頑張って働いている親御さんたち・・・。

また、仕事の移動手段として車なども利用されることも多く、まずは、事故を起こさないようにするために安全第一に考えていることに関しても、やはり互いの家族などのことにも考慮されているように思います。

しかし、一般的に暴走などを起こす場合、独身で若い方が多くいるのではないでしょうか??

とは言え、数ヶ月前だったように思いますが、過去、女性グループの一員で、現在は子供もいらっしゃる家庭の母親が自身事故を起こし、そのまま逃走されたこともありましたが、あくまで僅かなことだと思えたいものですが・・・。

いずれにしましても、守るものが無いよりも、一つでも守るものがある方が、人生においても安全を重要視されるように思えます。

また、守るものがなくとも、楽しめる趣味でも、どの様な場合でもも結構だと思えますので、人生を謳歌させるものを、是非!

とは言えども、SNSなどへのアクセス数を伸ばすために、危険な場所・行為での撮影はよろしくないように思っております。

話は変わりますが、今朝のニュース、冗談で食べたナメクジで死亡された事件があったようですので、命の無駄は、絶対に自重されるように願っております。

2018年10月18日木曜日

企業が社員増強と共に・・・。

企業を大きく飛躍するためには、社員教育も必要ですが、、それと共に人員の増強も・・・。

しかし、それと同時に事故などの可能性も高くなると考えられます。

ニアミス的な状況でも、いずれ大きな事故にも繋がるようにも思えます。

些細なことで済まされることであれば良いのですが、大きな賠償問題に発展されることもあるようです。

まずは、小さなミスを何度も犯す方は、性格的なことも考えられますが、適切な判断は、やはりトップに掛かってくるかとも思えますので、十分以上に観察の必要性もあるのかもしれません。

しかし、そのようなことは、十分理解もしてはいますが・・・。

その些細なミス、まずは、自ら悔い改める努力をする!?

ところで、現在、大きな投資を行うのもクリックひとつで実行が可能です。

今回、東証で、その様な状況に陥ってしまって補償が10万件も起こってしまっている模様です。

サービス的にも、大変、便利にはなりましたが、万が一の可能性も、十分に考慮をし、慎重な判断をされるよう、常に対応しなければならない時代に突入したのかもしれません?

2018年10月10日水曜日

プラスチックに因る食物連鎖・・・。

公害を及ぼすのも、最終的に被られるのも人間のように思っている方も、結構、いらっしゃるのではないでしょうか?

その事に気づき、現在では、プラスチック製のストローも廃止される事態になってしまってもいるようです。

以前では、海洋に破棄されていたマイクロプラスチックが、プランクトンなどが食べ、そのプランクトンから捕食した魚を、人間などが食料としたプラスチックが体内に蓄積される?

そんな構図を思い浮かべる様相を想像されてはいませんか?

海のみならず、沼とかなどの水たまりに住み着く蚊の幼虫、所謂ボウフラという生物にも、何故なのかは存じませんが、プラスチック製の粒子が体内に分解されず、成虫になっても体内で確認されたそうです。

ボウフラは、いずれ成長と共に水から陸へと移り、次は捕食される側に廻ってくる可能性もあります。

まずは、そのプラスチック製品を、できれば利用しないようにし、また、製造過程に至っても、プラシチック素材の原料をできる限り減らす努力も必要なのかのしれません。

未来の人間のためにも、是非・・・。

2018年9月20日木曜日

「人の不幸は蜜の味」とは言うけれど・・・。


一度でも被災に遭っていれば、おそらくではありますが、そのようなことは行なわないようにも思えます?

そう言えば、福島県の電力会社が地震に遭遇し、被災されて放射能が流失されたことで、県外へ移り住む事態になってしまったことが思い出されてしまいました。

その時にも移り住んだ子供へ、風評被害に及ぼされた記憶が蘇りました。

今回も、それと同様に被災された地元の民家前で、記念としてでしょうか??

ピースサインをポーズに、スマホでの撮影が行われているとの記事を目にし、被災された側と、日々日常的な、いわゆる平和な世の中??とも言うのでしょうか?

その悲惨な現状に遭遇されていなければ、脳裏に刻まれることもないのかもしれません??

人は、苦労されるほどに、人に優しくなるとも言われておりますので、今の現状的な環境の中であっても、万全な対応をされるよう頭で考えつつ、努力していきたいものだと思えます。

(※画像はイメージに合うよう合成されたものですので、どうか理解ください。)

2018年9月11日火曜日

良かれと思っても慎重に!?

文明の進歩についていくにも、日々の努力では間に合わなくなってしまう程のスピードになってきている様に感じます。

しかし、その進歩ゆえに、誤った行動を起こしてしまうことも、あるのかもしれません。

今年は大変大きな被害が何度もあり、平成最後の年としてのイメージが、あまりよろしくないようにも感じてしまっています。

自然災害に関しては、受け身に廻るしかないようにも思いますが、しかし、人災に因る被災については、慎重にならざるを得ないとも感じています。

先日の北海道での地震後、SNSを使っての配信で愉快犯なのでしょうか?

それとも、何かの勘違いに因るものかは判明されてはいないようですが、ソーシャルネットワークを利用しての配信されることは、個人同士での会話ではないということを、十分に考えなければならいように思います。

この様に偉そうなことを書き込んでいますが、私自身、文明についていくにも、非常に大変な状況でもあります・・・。

まずは、判らないことなどはネットで調べてみる。

そして、それでも判明されない場合は、スキルの高い方に金銭を支払ってでも、教えを請うようにしなければいけないのかもしれません。

もしも、良かれと思った発信が、大きな事故・被害になることも考えられますので、自分自身、十分に調査をし配信されることが、最も重要で大切なことだと思います。