2019年7月17日水曜日

ご存知でしょうか?

私が知りたのは、既に何年も前のことなのですが、思いの外ご存知でない方もいらっしゃる可能性もあるようのかもしれません・・・。

以前、ホームページで調べておりますと、実際のところ、化学薬の方が人体には影響が少ないようで、逆に漢方薬の場合、基本的には、毒素を弱めて利用されることも多いようで、服用されるのであれば容量・用途の厳粛性が望まれるように思えます??

もちろん化学薬品につきましても同様ではありますが・・・。

一般的には自然界のものを服用されているようなイメージが強いように思え、安心性ついても高いように考えられますが、しかし、危険性に関しては漢方薬の方が危険性は高いのかもしれません。

身体の健康を重んじるのであれば、やはりバランスの良い食事をされることはもちろんですが、体力についても基本的な運動などは欠かさない様な、健康的な人生を歩んでいただければと良いのではないかいと思えます。

2019年7月8日月曜日

入浴時の熱中症に要注意だそうです。

意外のようにも思えましたが、ヒートショックよりもかなりの確率で熱中症になることが解った模様です。

高齢者の入浴事故としてはヒートショックが1割弱ほどのようでしたが、熱中症に至っては8割超のご高齢者方たちが発病されたという状況になってしまったようです。

冬場のヒートショックでのニュースをよく目にしているようにも思えますが、調査を進めていますと、圧倒的に熱中症で発症されているという事実に思わず驚きを隠せられない気持ちになってしまっております。

また、死因としては溺死だったようですが、熱中症の発症でいつの間にやら意識を失ってしまうことが原因のようです。

加齢によって体調が鈍感になってしまうことも考えられますので、無理をせずに、早めに風呂から上がるようにされた方が良さなのかもしれません。

ぜひ、ご注意されますようになせってください。

2019年6月13日木曜日

グローバルな世界に対して日本は?

すでに対応が遅れてしまっているようにも思えます・・・。

国内トップとして君臨している東大であっても、グローバルな観点から世界を見渡したとしても43位という下降傾向にあるようです。

では、京大を見てみますと65位になっていました。(※あくまでも一部の情報によります。)

テレビ番組内に出演されていたゲストに因りますと、いずれ◯国に吸収されてしまうのではないかと脅威に思っているようです。

日本の国土を見渡してみましても◯国が土地の買い占めを行なっているとの実態もあるようです?

余談ではありますが、英国の名門大学内に通っている学生達、想像を絶するほどの◯国人が在籍されているそうです。

また、その生徒たちのすべてが裕福な家庭でもないそうです・・・。

しかし、近い未来の将来を見据えた行動を起こしているようで一般的なスキルはもちろん、専門的なスキルについても習得されてきているのではないでしょうか。

今直ぐにでも世界に目を向けて、情報収集が必要なのかもしれません・・・?

2019年6月10日月曜日

自分は大丈夫という過信が・・・。

過信・驕りは事故の元のようです?

今の世、スマホを持っていることが当たり前の時代です。

しかし、機能を持て余している方もいるかもしれませんが・・・。

その上と考えるべきなのかもしれませんが、信頼性の高さについても、しっかりと判断されるべき時代になった様に思えます?

現在、文明科学も栄え、非常に便利な世の中になってもきていますが、それをいいことに悪事を染めている犯罪者も多発しているようにも思えます?

善悪として捉えられているハッカー・クラッカーについても、非常にスキルは高いかと思えるのですが、目立ってしまっているはクラッカーなのかもしれません。

謂わば、真面目な情報よりも悪意を感じる事件の方が、視聴率が高まるからなのかもしれません?

近年、SNSなど様々な情報が交錯されおり、そのソースが真実なのかどうかについても定かではありません。

しかし、自分自身は大丈夫と過信されていると、思わぬ罠にハマってしまう時代でもありますので、情報管理については万全にされるべきなのかもしれません?

この度、SNS内でオフィシャルサイトのアイコンが設置されているにも関わらず、なりすましに因る事件が起こってしまったようです。

いずれにしまして個人情報など入力する際には、十分、ご注意することが望ましい時代になってきてしまったのかもしれません・・・。

2019年5月23日木曜日

感性豊かな女児だと思います。

このような記事に巡り会い感謝しております。

7歳のお子さんが、この様な文章を産休前の教師に宛てるとは、あまりにも素晴らしいことだと思う以外ないのかもしれません。

そのお子さん、教師よりも先に子供を設けたそうで、とは言え、幼虫のことなのですが、その幼虫を育てることで、親としての気持ちを理解されたようで、その苦労話を教師に書き添えて送ったそうです。

余談ではありますが、随分、昔の講話に、小さな動物などに殺生を行う小学生の男の子がいて、その子に、(鳥の)卵から育てるよう教育された教師がいたそうです。

結論から述べますが、その鳥が何らかの迫害に遭い死んでしまったそうです。

小鳥は、その小学生を親だと思い込み付いていき、その小学生は、それ以後、殺生を行うこともなく、迫害された鳥には涙も流されたそうです。

子供は親の鏡だとも思いますが、記事にも掲載されたお子さんも素晴らしいのですが、それよりも親の育て方が、更に素晴らしかったのかと思えます。

その様な育て方を行えば、我が国とっても躍進が可能になるのかもしれません。

2019年5月21日火曜日

利用者への配慮も必要だとは思えますが。

個人レベルからすればあまりにも配慮が欠けているように思えます。

しかし、国家レベルから考えると致し方ないのかもしれません。

また、他国からのソースではバックドアの発見にも及んでしまっているとの情報もあるそうです。

以前からですが、そのバックドアによる噂もよく耳にすることがありますし、それ以外の端末についても、それなりの情報集取は行なっていることは事実のようです?

一応、国家機密として秘密裏に実施されていたようですが、今回のように表立った状況になってしまっては消費者として・・・。

ところで、私が所属している法人会では「素直」を率直に唱えてもおりますが、グローバルに戦うには、その心情以外の心構えも必須なのかもしれません?

やはり企業としての運営も行わなければなりませんので、その辺りの兼合いについも考慮しつつ、私自身の心情としては、素直な倫理経営を実践しての参りたいものだと考えております。

2019年5月9日木曜日

事故は過信から・・・。

昨今、死亡事故が多発しているようです。

また、この様に書き込むと失礼かと思えますが、若い世代の方たちが犠牲に遭っていることが多く感じられます。

人生、これからだと言うにも関わらず・・・。

非常に残念で致しかたございません!

また、田舎であれば足代わりとして自動車の利用も余儀なくされるかとも思えますが、その逆として考えますと、凶器だということを忘れてしまっているのかもしれません。

それに、まさか自分自身が加害者、もしくは被害者となって遭遇されることも予想はされていなかったと思います。

しかし、それは、現実的に考えますと自分以外の周りの人たちが、安全の確保をされていたのかもしれません!?

過ちと信ずることなく始まってしまったことでの事故だったのかもしれませんので、まずは、自ら(己)を重く留めつつ行動されるよう望む以外ないのかもしれません。

最後になりましたが、心より、ご冥福をお祈り申し上げます。