2015年7月18日土曜日

湿度の高い時期です。

高温多湿の時期だからといって、諦めてはいませんか?

まず基本は、喚起です。

新しく建てられた住宅は気密性が高く、それが善し悪しにもなってしまうこともありますが、水を使う風呂場・台所であれば、その気密性が長所になります。

使用後に、窓を開けて換気扇を回しているだけで、ほとんどの湿気が外へ放出されます。

しかし、寝室・応接などであれば、その気密性が高いことによって、結露になりやすく壁などにカビが生えやすくなったりもします。

使用していない部屋などは、窓を開けるなりして、出来る限り換気をするように心がけましょう。

また、カビが生えてしまった場合には、スポンジなどを使うよりも、ラップなどの気密性の高いものを使用した方が、カビを落とす効果が高いようなことを、テレビで放映していました。

一度カビが生えてしまうと、繁殖しやすくなるので、出来る限りカビが生えないような環境づくりをすることを心がけましょう。

0 件のコメント:

コメントを投稿