2016年10月21日金曜日

二酸化炭素が化学変化でエタノールになる??

もし、それが本当であるならばのお話になるのかもしれませんが、一応、米テネシー州のオークリッジ国立研究所からの発表ですので、すごく期待してしまうのは、私だけでしょうか??

また、エタノールは揮発性が高い燃料にもなるし、私が好きな酒精にもなるものなんです。

この生成方法を発見されるまでは、藻や光など触媒させて時間や経費を使っていたそうですが、この新しい方法で触媒が可能なのであれば、非常に画期的な素晴らしい成果だと思えます。

現在、その記事の閲覧が可能なようですので、リンクを張っておきますので、ぜひ、夢の触媒をご覧になってみてはどうでしょうか。

Engadget Japanese
(リンクが表示されないことも考えれますので、ご了承ください。)

しかし、たまたま発見されたモノが効果的な物質として完成させることが出来たようですが、素人考えではありますが、その逆っということも起こり得るように思えますので、少し怖さも感じてしまっています・・・。

過去を振り帰ってみても、両極端なことで進歩に繋がるようにも思えますが、それでも失敗されるに至っては、やはり恐怖を感じてしまうようにも思えてしまいます・・・。

0 件のコメント:

コメントを投稿