2015年11月11日水曜日

野菜を食べる県になりました!?

香川県民の努力が報われました?

そのように言っても何のことやら分かりづらいですが、タイトルを確認してみてください。

ところで、香川県って、別名うどん県というのはご存知でしょうか?

そんなうどん県と命名された後も、糖尿病死亡率はずっとひと桁台を維持していて、13年?にはワースト2位になってしまいました。

その結果、皮肉を込めて?付けられたのが、さぬきうどんなどの炭水化物ばかりを食べて、野菜を摂らないから、野菜を食べん県!?っといわれるようになったそうな!?

そんな汚名を晴らす?というよりも糖尿病死亡率を改善しようということで、12年度には糖尿病ワースト1位脱出が掲げられました。

そして、14年度の調査では、その努力が報われたのでしょう!?

なんと一気に21位となる好転結果になりました!

とは言え、香川県健康福祉総務では「死亡率は、その年によって変動することがあって、依然
受診率はワーストクラスが続いている。」そうです。

これ以後も奢らず、努力を積み重ね、更に高みを目指していきましょうね。

0 件のコメント:

コメントを投稿